決算書のアドバイス・説明・提案に!会計士・税理士様向け「決算書すっきりアドバイザー®」

決算書.comはレガシィマネジメントグループが運営しています。


決算書.comホーム » アドバイザー協会ホーム » 日本決算書すっきりアドバイザー協会®とは?

日本決算書すっきりアドバイザー協会®とは?

このページでは、社長様に決算書の視点からすっきりアドバイスできるプロフェッショナル団体、「日本決算書すっきりアドバイザー®協会」の設立趣旨や会員資格についてお知らせします。

何を目的に設立されましたか?

わかりにくい決算書を理解し、社長様に「すっきり」説明し「納得」いただくことで会社の経営状態や課題を共有化するための決算書通訳ツール「決算すっきりシート®」の啓蒙と普及を理念とします。そして、専門家向けの「決算すっきりシート®アドバイザー版」を活用し、すっきり説明、的確にアドバイスできるプロフェッショナルである「決算書すっきりアドバイザー®」の育成を図るために設立された協会です。

  1. 決算書の読み方・活かし方の決算書通訳ツール「決算すっきりシート®」の啓蒙普及を広く行います。
  2. 決算書の分析を通じて会社に「すっきり」アドバイスできる人材「決算書すっきりアドバイザー®」を育成します。
  3. 「決算書すっきりアドバイザー®」認定講師の育成を目指します。

設立はいつですか?

2003年2月です。

誰が運営しているのですか?

レガシィマネジメントグループが事務局の運営をしております。
理事長は、株式会社レガシィ  代表取締役の天野 隆(公認会計士・税理士)です。

会員資格は?

「日本決算書すっきりアドバイザー協会®」に会員登録していただき、協会より「決算書すっきりアドバイザー®」資格を付与された方々です。

会員になるには?

「決算書すっきりアドバイザー®」養成講座を受講していただき、講座修了後の認定試験に合格されると協会への入会資格が得られます。
詳細は「養成講座・試験について」をご覧ください。

  • 「決算書すっきりアドバイザー®」養成講座・試験についてはこちらから

設立趣旨

私は常々、決算書というものはどうも今一つ「わかりにくいもの」「すっきりしないもの」だと思っていました。

公認会計士という資格を持って監査に携わり、その後中堅中小企業の社長様方にアドバイスをする役目に回ってからも、決算書を見て「うちの会社は良くなっているの? 悪くなっているの?」「資金繰りは楽なの?」「お金が無いんだけど」「経常利益の額だけで見てもよくわからないのだけれど、本当に儲かっているのだろうか?」などという質問をお客様からいただくと、我々は何と答えたらいいのだろうかとずっと自問自答してきました。

そんなこともあり、中堅中小企業の社長様方にわかりやすく「すっきり」説明するにはどうしたらいいかと、これまで決算書の研究をずっと続けてきました。社長様は「勘定合って銭足らず」、すなわち「利益はあるけれどもお金がない。どうしてなの?」という質問をわれわれ職業会計人によく投げかけられるものですから、それを明確に説明して差し上げたかったのですが、どう説明したらいいのかと迷っていました。

そんななか、これだというものを感じ、社長様にとってわかりにくい決算書から経営状態や課題を共有化するための“決算書の通訳”ツールとして2000年に「決算すっきりシート®」を開発いたしました。そして今回、「広く決算書の読み方、活かし方の啓蒙普及を図り、決算書から会社にアドバイスできる人材を育成する」ことを目的に「日本決算書すっきりアドバイザー協会®」を立ち上げ、 同時に「決算書すっきりアドバイザー®」という資格とそのための講座を作りました。

社長様に「よくわかった。さすがいいことを言うね」、こう言われることを夢見ています。しかし私一人の力だけではどうにもなりませんので、是非この講座を受けていただき、一人でも多くの皆様に「決算書すっきりアドバイザー®」になっていただき、広く日本全国に広めていきたいと願っています。皆様とご一緒に社長様に喜ばれる「決算書すっきりアドバイザー®」を目指したいと、その一念です。趣旨をご理解いただいた上で、是非ご一緒に「決算書すっきりアドバイザー®」として活躍していただければと思います。

レガシィマネジメントグループ 代表取締役
日本決算書すっきりアドバイザー協会® 理事長
公認会計士・税理士 天野 隆